撮影日記

 
 

城南島海浜公園

  1. 23:10:08
久しぶりに訪問。

と、その前に必ず寄るのが大田市場の三洋食堂。前回と同じ「魚河岸定食」にした。



旬の秋刀魚がフライになっており大変おいしい。

ところで、小〜高校が一緒だった友人が大田市場で働いている。親の会社を継いで若社長としてがんばっていると話を聞いていたがもうかなり長い間会っていない。たまたま屋号を覚えていたのでアポなしでいきなり訪ねてみた。思いもしない訪問者を見て一瞬きょとんとした顔をしていたが何でここに居るの?といった感じですぐわかってくれた。多少歳とった感はあるが男はいくつになっても変わらない、お互い様に。今度呑みに行こうと連絡先を交換して店をあとにした。社長か〜、かっこいいな。幼なじみが一人前になって働いている姿をみて感動を覚えた。

大田市場から車で10分ほどで城南島海浜公園へ到着。海が見える公園って空が広くて気持ちいい。




岸壁では釣をしている人がたくさんいる。ボラとかキスとか釣っていた。久しぶりに釣りしたいな、近所ならすぐ来れるのだけど。




対岸には東京都心の湾岸風景が一望できる。湾内の遊覧船とか乗ったら見れそうないかにも都会って感じの風景で好きである。夜景もきれいだろうな。一度夜にも来てみたい。




コンテナターミナルのガントリークレーンもカッコよい。




スカイツリーも近くに見える。前回来たときは確かまだ展望台くらいまでしかできていなかった。近いといっても東京タワーよりは遠いのだが東京タワーの方がはるかに小さく見える。やっぱ634mは高い。早く上ってみたいがオープンしばらくはとても入れないだろうな。

そしてこの公園のもうひとつの見所は飛行機である。羽田空港のC滑走路(34R)の延長線上にあり離陸直後の飛行機を間近に見ることができる。飛行機屋さん(航空ファン)にはとても有名な場所である。




カメラに長いレンズをつけて多くの人が写真を撮っている。自分もこの人たちに紛れて写真を撮ってみた。持って行ったレンズが300mmなんで多分彼らにとっては広角レンズに等しいだろう(笑)




大きな機体が力強く浮かび上がる瞬間はとても見ごたえがある。




すごい迫力。でも何だか物足りない・・。しばらくして理由がわかった。飛び立つ本数が少ないのである。前来たときは数分おきにどんどん離陸して行ったのだが今日はたまにしか飛んでこない。風向きとか昼過ぎの比較的空いている時間というものあるだろうが、D滑走路の開業が原因のひとつである。はるか向こうの東京湾に突き出した滑走路から頻繁に飛び立っている。なるほどね〜。離着陸がかなり分散されて効率化しているわけだ。D滑走路の開業で年間の着発本数は30万回から40万回に増加するらしい。でも写真撮るには面白くないな〜。




「がんばろう日本」ロゴ入りのB737-800型機。仙台空港再開の1本目に使われた機体かな?

飛行機屋さんではないので写真撮るにもいまいちベストアングルなのか(この角度が定石といった知識)よくわからないが、よく見かける離陸した瞬間の迫力ある写真は500mmはないときつそうである。次回はもっと長い玉を持って行くかな。




はじめはあまり気にしていなかったのだがよく見ると・・。夜に公園でたむろしている不良が力強く蹴飛ばしたのではなく、多分先日の台風15号の爪あとと思われる。こんな丈夫なフェンスがひん曲がるとは相当すごかったんだろうな。何箇所もフェンスが壊れていた。




この漂流物も片付けるの大変だ・・。台風の時、ニュースで毎回必ずといっていいほど耳にする言葉「船の様子を見に行くと言ったまま・・」「田んぼの様子を見に行くと言ったまま・・」。これを見ると絶対に近づいちゃだめだよな〜と思った。気をつけましょう。

 
 
 
 

池上本門寺

  1. 22:23:45
「500個の風鈴の音を聴く」というイベントが開催されている。

会社がサマータイムになって朝は辛いが、ノー残デーには4時に上がれるから明るいうちにそれなりに色々なことができる。ということで、池上本門寺に行くことにした。夕方とはいえ未だ暑い盛り、いつもなら歩いて行くところだがベビーカー押して行くと子供が干からびてしまうので電車を使う。




池上駅到着。今や都心では珍しい構内踏切がある。2年弱住んだので見慣れた光景であるがそのうち改修されてしまうのかもしれない。




駅からのんびり歩いて10分くらい。本門寺の山門をくぐると目の前に階段が立ちはだかる。高台に隣接した施設からエレベーターで上に上がることもできるがせっかくなので階段を上らないと。嫁さん子供抱っこして自分はベビーカーを担ぎ上げる。一仕事だな・・。





イベントとは言っても出店が出てわいわいというお祭りではなく、境内にたくさんの風鈴がぶら下げられており、訪れた人は勝手に音を楽しんでくださいというもの。参道を横切るように幾重にも風鈴を吊るしたロープが張られている。階段の下ではほとんど風も無かったが高台に上るとそれなりに風が吹いており一斉に鳴る風鈴の音が涼しげである。




いい音がするゾ?!音が聞こえてくる理由はよくわかってないが揺れる風鈴を眺めてみたり楽しそう。そういえば家にも同じ風鈴が吊ってあって風が吹くといつも楽しそうに眺めている。こうやって和の心が芽生えてくるのだろうか。




帰る前にいつもの展望台へ。夕暮れ時のこの景色、昭和のアニメに出てくる裏山からの眺めのようでどことなくノスタルジックである。

 
 
 
 

ハードディスクを廃棄

  1. 22:53:52
久しぶりの秋葉原。


秋葉原中央通り

歩行者天国も元に戻っている。


ガイガーカウンター

ただし、来ないうちにこんな時代になってしまっていた。

で、今日何のために来たかというと特殊ドライバーを買いに来た。要らなくなったハードディスクが溜まってきて邪魔なので処分したいのだがそのまま捨てるもの嫌だし、データ消去ソフト買うものもったいないし。分解して物理的に破壊するのが確実なのでハードディスクの星型のねじ穴に対応するトルクスドライバーなるものを買ってきた。


廃棄ハードディスク

全部で7台を廃棄。


トルクスドライバー

ひたすらねじを回し続ける。


中身

日頃あまり見ないが中身はこんな感じ。強力磁石が大量に出てきたが使い道ないしなんだか危険なんで廃棄。プラッタだけはなんとなく取っておいた。ピカピカに光っているため農作物の鳥除けに使えるか??

これで少し部屋が片付いた。

 
 
 
 

近所を散歩

  1. 22:50:59
選挙に行った足で近所を散歩してきた。

多摩川土手
自宅から歩いてすぐのところに空が広い場所があるのはうれしい。
以前から広い河川敷にあこがれていた(しかもこの辺はスーパー堤防)。
家が近ければ休みの日はふらっと散歩に出かけて、
草の上に寝転がって昼寝してのんびりとした休日を・・
などと思っていたのだが、いざ近くに住んでみるとあまり行かない。
家で昼寝すればいいじゃないか、いや週末は疲れて昼まで寝ている。
子供がもう少し大きくなったら毎週行くのかもしれないな。


八重桜
さすがにソメイヨシノは散ってしまったが八重桜のピンク色がすばらしい。
新緑の季節到来である。

 
 
 
 

お花見

  1. 23:49:59
昨日土曜日、職場の人とお花見の予定であったがまさかの雨(嵐に近い)で断念。
本日、酒を持たずカメラを持って純粋にお花見してきた。

池上線 石川台−洗足池
定番の場所で何枚か撮影。

洗足池公園
洗足池公園に行到着。洗足池公園2
すごい人出。お花見客でごった返していた。
これだけ人がいれば一人ぐらい知っている人がいてもおかしくないと思った。
落ち着いて桜を見れる状況でもないので早々に切り上げた。
まだ家に帰るには早いので多摩川土手に散歩に行く。

多摩川線 沼部−鵜ノ木
カレンダーの写真になったりしてここの桜も有名らしい。

多摩川土手
多摩川の土手をのんびり散歩した。
こちらも大変な人出で多くの人は既に出来上がっている様子。
今日、ここで飲めたら気持ちよかっただろうな。
ぎりぎり来週も桜見れるかな。

 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved