撮影日記

 
 

自作LEDランプ

  1. 23:11:36
前回の続き

忙しくて組み込み作業ができなくて、前回から1ヶ月経ってしまった。IKEAで500円(くらいだったと思う)ランプの中に、この前半田付けした基板を組み込んでみる。





もちろん本物のキャンドル用なので自分でパーツ固定用の穴を開けなくてはならない。電動ドリルは実家から借りてきた。ドリルのビットがパーツに合った大きさでなかったため穴を広げるシャーシリーマはホームセンターで購入。

さてと、適当に位置決めをしてドリルで穴あけ開始。むむむ、、全く穴が開かないぞ・・。ビットは高速で回転しているが板の表面がへこむ程度。ひょっとしてこのランプはステンレス製??ステンレスは熱で硬化するためドリルでは穴があけにくいのは大学で習った(一応機械科出身)。しかし、こんな安いランプにステンレスなんて使うわけないしな・・どう見てもスチールなんだが。
1つ目の穴を10分くらいかけて気合で開けてみせた。いやぁ、あと2箇所開けるのは気が遠くなる作業だ。その前にドリルのビットが逝ってしまいそう。

・・で、しばらくして気づいた。ドリルの回転方向がリバースになってた(泣)借り物はこれだから・・まったく。回転方向を戻したらものの5秒で作業終了。つーかよく逆回転で穴が開いたな・・。リーマで穴の大きさを整え部品を装着。



トグルスイッチ


ACアダプタジャック


電池ボックス

電池ボックスは両面テープで固定。仕上がり良好!
このLEDキャンドルキットはLEDを3本束ねてあるため直視してしまうとリアルさにかけてしまう。すりガラスとかトレーシングペーパーで囲ってうまいことぼやけさせればリアルになる。ただガラスの透明感は欲しいと思いとりあえずティッシュペーパーを巻いておきた。



点灯してみた

なかなかいい感じじゃないですか。ティッシュで巻いてあるのでキャンドルというよりは炭火っぽい。ランプのガラスをすりガラスにすれば本当にロウソクが揺らいでいるように見えそうだ。ちなみに点灯モードは4種類あって基板上の可変抵抗で揺らぎの周期を変えることができる。色々気に入るモードを探してみよう。
寝室で使いたいので2時間程度のスリープタイマー回路も追加したいのだがアナログ回路で作るとなるとLM555を何段かかましてとか結構大変そうなので今回は断念。sanokiyaさんからスリープ回路付きの基板販売してくれないかな〜。ACアダプタ+電源タイマーで毎晩点灯中。

 
 
 
 

エマジン「おもいやり」

  1. 23:08:00
ズルズル・・。

子供が鼻をたらしている。夜もフガフガ辛そうだ。と思っていたところ、職場の先輩が電動鼻吸い器を買った話をしていた。それなりに値段はするが電動は素晴らしいとのこと。大人も使えるしお勧めであると。家に帰って調べてみたら2万円強とそこそこのお値段である。

口で吸うタイプやスポイト式の鼻吸い器は持っているがちゃんと吸えたことはない。毎度毎度耳鼻科に通って吸ってもらうのも大変だしな。2万円を高いと見るか、安いと見るか・・。通販サイトでレビューなどを見ながら悩むこと数週間。

ポチッ。


エマジン「おもいやり」、楽天で22800円


思ったよりも医療機器っぽく物々しい。持ち上げてみると見かけとは異なりプラスチッキーな軽さ。大きなタンクの空気を抜くことでシリコンチューブから空気を吸いとる仕組みになっている。作動音はポンプにしては小さいと思う。サイトでは静音設計なので横で寝ている子供を起こしませんだそうだ。音は小さいが幼い子は泣くためやっぱ起こしてしまうのは仕方ないか。子供が寝ていない別の部屋で使いましょう。吸引力は強と弱が切り換え可能。4ヶ月の下の子で試してみた。




おぉ吸ってる吸ってる。手動の鼻吸い器ではありえない吸引力。さすがに体が小さいので詰まっている量自体はそれほど多くないが確かにチューブに鼻水が吸われていくのがわかる。でもさすがに泣いた(笑)あまりやる過ぎると子供に負担が大きいので程々に。確かにズルズル言わなくなった。おっぱい飲む前とか風呂上りに使えるな。

自分もやりたくてしょうがない上の子は自分で。



今日は詰まっていなかったみたいで特に成果なし。でも満足そう。

ノズル部分(オリーブ管と呼んでいる)は2種類付いてきた。普通のよく見るやつと細いタイプ。粘度の高い鼻水は細い管でピンポイントで吸えばいいらしいがまだ使っていない。暴れると鼻の奥に突っ込んでしまいそうで怖いな。使用後は水を吸ったあとタンクとチューブを水洗いすればよい。たまには消毒もしたほうがよさそうだが毎回はいいかな。

2万円を高いと考えるか、安いと考えるか。何年も使うならトータルで安いんじゃないかと思う。勢いで買ってしまったが結構必需品かもしれない。

よい買い物であった。

 
 
 
 

FMC-01

  1. 21:59:01
前回の続き

よりリアルなLEDキャンドルを求めてWEBを徘徊していたところあるページに行き当たった。

LED特殊照明工房 SANOKIYA

LED3本をマイコンで点滅コントロールし超リアルな炎を再現するらしい。基本的にキット販売なので入れ物は自分で用意してくださいとのこと。実際に炎が揺らいでいる動画を見ていたら気になる・・、実に気になる。久しぶりに電子工作の血が騒いできた。1つ1000円程度だし外しても高々知れている。
DC12V電源で動くタイプと電池で動くタイプの2種類、それぞれ組み立てキットと半田付け済の完成品がある。そりゃ自分で半田付けしたほうが楽しいからね・・。組み立てキットを電池タイプ(FMC-01B)2つと電源タイプ(FMC-01)1つ購入。




FMC-01(上)とFMC-01B(下)


袋の外の部品、ACアダプタのジャックと中点中立1回路2接点のトグルスイッチは秋葉原で買ってきた。電池タイプの基板をDC電源でも切り替えて使えるようにしようと欲張ってみた。




ACアダプタは適当に職場に捨ててあったもの(5.3V)を使用。推奨電圧0.7〜5.0Vだがだがまぁこのくらいなら許容範囲かな・・過電流流れなければきっと大丈夫だ、うん。

しかし・・だ、買う前によく見ていなかったのだが電池で動くタイプの基板は何と表面実装用である。(ちなみにDC電源タイプは普通)悪いこと言わない、「半田付けなら小学生でラジオ作ったときにやったことありますよ〜」程度の人は完成品を買ったほうが無難。とにかくチップ部品の半田付けは小さくて非常に難しい。コツを知らないと非常に大変、本当に大変!

と言っても仕方ないので表面実装用チップ部品の半田付けのコツを以下に・・。



まずランド(基板の半田を盛る部分)のうち片一方だけ半田を盛っておく。一方がグランドの場合はそちらに盛るとよい。




ピンセットで上から押さえながら予め盛った半田を溶かす。半田が溶けると部品が基板にピタッと密着するため部品をピンセットで押さえた状態で冷やす。




もう一方に半田付けする。

たったこれだけのことだが、とにかく予め片一方だけ半田を盛っておくのがコツ。始めから両方盛ってしまうと傾いて固定されてしまうのでよろしくない(文章で説明するのは難しいが実際にやってみればわかる・・)。ICの足も同様に始めに1箇所だけ半田を盛っておけばよい。半田ごてはコテ先の細い電子工作用のもの(セラミックヒータタイプだとすぐに温まってよい)を使用する、半田吸い取り器と吸い取り線は必須といったところだろうか。あと無鉛半田は融点が高いため取り扱いが難しいので避けたほうが無難。

てなもんで作業に慣れているなら5分もあれば完成してしまう。熱で部品を壊さないように慎重に半田付けしましょう。



完成したらこんな感じ


IKEAで買ってきたランプの中に組み込むので付属の電源ソケットは使用せず。では実際に組み込みをしてみよう・・。

(さらに続く)

 
 
 
 

LEDキャンドル

  1. 23:17:19
お部屋のインテリアアイテム。

殺風景な寝室に何かインテリア的にワンポイント欲しいと前々から思っていた。ある日美容室でLEDキャンドルを使っているのを見てこれ使えそうだなと気づいた。
LEDキャンドルを探すべくネットで検索するとたくさん出てきた。そこで次の3つの条件で商品を絞り込んでみた。

 大きすぎないこと
 値段が高くないこと
 単3か単4の充電池が使えること

大きさや値段は条件に合致するものがたくさんあるが最後の条件である単3か単4の充電池が使えるものはそれほど多くない。小型キャンドルだとボタン電池使用のものが多くランニングコストがよろしくない。やはり気兼ねなく点けっ放しにするなら充電池のタイプがよい。でも内蔵の充電池だといつかはへたってしまうし・・(まぁ相当何度も充電しないと劣化しないだろうが)、といろいろ探した結果、無印のLEDキャンドルに行き着いた。店先では商品の入れ替えだったのか通常1800円するものが半額セールで900円になっていた。



無印のLEDキャンドル3本セット(1800円->900円)を購入



ロウソク色のLEDが瞬く


外装はパラフィンを使用しているためロウソクそのものである。本当に火をつけたら燃えるだろうな。1本のLEDをランダムに点滅させることで炎が揺らめいているように見せている。点滅させているだけなのに思ったよりリアルでムード満点である。取り扱い説明書に点滅は故障ではありませんと書かれている。そりゃそうだ・・。




裏返すとスライドスイッチと電池蓋がついており単4電池を2本縦に入れる構造になっている。




LED自体はパラフィンの中に埋まっておりロウソクの上半分がゆらゆら光る。寝る前に暗い部屋でキャンドルの光に包まれて癒しの時間を過ごすことができる。お手軽にアジアンリゾートな気分である(笑)

ただ、真っ暗闇で使用するにはひとつ問題があることがわかった。LEDの光は暗闇ではそれなりに明るい。揺らめいているように見えても所詮1つのLEDが擬似的に点滅しているだけなので、目を開けていると暗くなる瞬間に瞳孔が開く、そして明るくなると瞳孔が閉じる・・の繰り返し。薄暗い部屋だと問題ないが真っ暗闇で使用すると眼球に負担が大きく頭が圧迫されるような感じになる。

これでは癒しどころではないな・・。無印のLEDキャンドルは、これはこれで良しとしよう。しかし寝室で使えるもっといいものは無いだろうか。

癒しアイテム探しは続く・・。

 
 
 
 

大雪

  1. 23:34:57
今日雪降るんだっけ・・。

ゆっくり起きたらちらちらと雪が舞い始めていた。まだ降り始めで地面は乾燥している状態。東京で雪が降るのは久しぶりのことだ。大抵うっすら積もった後に降り止んですぐに融けてしまう。

・・が、昼過ぎになったが止む気配ない。大粒の湿雪がかなり激しく降っており道路に積もり始めている。本格的に雪が降るとコタツで丸くなるより外ではしゃぎたくなる性格である。近所に写真でも撮りに行くか!

こういう日は長靴の出番であるが自分は持っていないので嫁さんの長靴を無理やりはいた。寒さ対策のため靴下を二重にしているので足の血のめぐりが悪くなりつらい。レンズの防水カバーは持っていないので適当にタオルを巻きつけておいた。多摩川線の線路へ向かう。いつもなら10分で歩けるのだがなかなか進まないな・・。


とりあえず新7000系を1枚撮影

雪の中で撮ることはあるがここまで降り方が強いと被写体が見えなくなってしまう。望遠でも撮ってみたが遠近圧縮するとまったくよくわからない写真になってしまった。しかし1本行った後で次が来ない・・。どうも雪でダイヤが乱れて間引き運転をしているらしい。



ようやく7700系

この2本が蒲田−多摩川間を行き来しているのかな?またしばらく来ない。待っている間にどんどん雪が積もっていき既に線路が見えない状態になっている。



望遠レンズでの撮影

少し先にある踏切が見えない。こりゃ降り過ぎだわ・・。何カットか撮影したところで列車が急停車した。



本線上に停車する車両

踏切支障器が作動して赤信号が回転している。以前も雪の撮影で目撃したことあるが雪の重みでセンサーがずれてしまい支障検知してしまっていると思われる。後方に停車を知らせるためにヘッドランプを周期的に点滅させていた。15分くらい停車してようやく徐行で走り去った。乗っているお客も大変だな。ま、京浜東北線と違って走っているだけましかな?

1時間くらい粘ったがあまり走ってこないため効率が悪い。レンズに巻きつけたタオルの雪が融けてびしょびしょになってきた。もう限界かな・・。



最後に1本撮影

カメラが壊れる前に早く撤収しよう。




まだまだ降り積もる雪。いつもの見慣れた景色も別世界のようになっている。このドカ雪は何年ぶりだろうな。成人式の今日、確か自分の成人式のときもこんな雪で式に行くのを諦めたのを思い出した。もう10ウン年前か・・。

雪の写真は被写体としていいが、やはり程々がよいな。

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved