撮影日記

 
 

自作LEDランプ

  1. 23:11:36
前回の続き

忙しくて組み込み作業ができなくて、前回から1ヶ月経ってしまった。IKEAで500円(くらいだったと思う)ランプの中に、この前半田付けした基板を組み込んでみる。





もちろん本物のキャンドル用なので自分でパーツ固定用の穴を開けなくてはならない。電動ドリルは実家から借りてきた。ドリルのビットがパーツに合った大きさでなかったため穴を広げるシャーシリーマはホームセンターで購入。

さてと、適当に位置決めをしてドリルで穴あけ開始。むむむ、、全く穴が開かないぞ・・。ビットは高速で回転しているが板の表面がへこむ程度。ひょっとしてこのランプはステンレス製??ステンレスは熱で硬化するためドリルでは穴があけにくいのは大学で習った(一応機械科出身)。しかし、こんな安いランプにステンレスなんて使うわけないしな・・どう見てもスチールなんだが。
1つ目の穴を10分くらいかけて気合で開けてみせた。いやぁ、あと2箇所開けるのは気が遠くなる作業だ。その前にドリルのビットが逝ってしまいそう。

・・で、しばらくして気づいた。ドリルの回転方向がリバースになってた(泣)借り物はこれだから・・まったく。回転方向を戻したらものの5秒で作業終了。つーかよく逆回転で穴が開いたな・・。リーマで穴の大きさを整え部品を装着。



トグルスイッチ


ACアダプタジャック


電池ボックス

電池ボックスは両面テープで固定。仕上がり良好!
このLEDキャンドルキットはLEDを3本束ねてあるため直視してしまうとリアルさにかけてしまう。すりガラスとかトレーシングペーパーで囲ってうまいことぼやけさせればリアルになる。ただガラスの透明感は欲しいと思いとりあえずティッシュペーパーを巻いておきた。



点灯してみた

なかなかいい感じじゃないですか。ティッシュで巻いてあるのでキャンドルというよりは炭火っぽい。ランプのガラスをすりガラスにすれば本当にロウソクが揺らいでいるように見えそうだ。ちなみに点灯モードは4種類あって基板上の可変抵抗で揺らぎの周期を変えることができる。色々気に入るモードを探してみよう。
寝室で使いたいので2時間程度のスリープタイマー回路も追加したいのだがアナログ回路で作るとなるとLM555を何段かかましてとか結構大変そうなので今回は断念。sanokiyaさんからスリープ回路付きの基板販売してくれないかな〜。ACアダプタ+電源タイマーで毎晩点灯中。

 
 
 
   
 
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
 
 
 

トラックバック

モンクレール アウトレット

撮影日記 自作LEDランプ
  1. 2013/12/22(日) 03:20:45 |
  2. モンクレール アウトレット
http://www.pslcbi.com/moncler2014.html
トラックバックURLはこちら
http://satsueibiyori.dtiblog.com/tb.php/43-2ceab29c
 
 
エマジン「おもいやり」
エマジン「おもいやり」
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved