撮影日記

 
 

自作LEDランプ

  1. 23:11:36
前回の続き

忙しくて組み込み作業ができなくて、前回から1ヶ月経ってしまった。IKEAで500円(くらいだったと思う)ランプの中に、この前半田付けした基板を組み込んでみる。





もちろん本物のキャンドル用なので自分でパーツ固定用の穴を開けなくてはならない。電動ドリルは実家から借りてきた。ドリルのビットがパーツに合った大きさでなかったため穴を広げるシャーシリーマはホームセンターで購入。

さてと、適当に位置決めをしてドリルで穴あけ開始。むむむ、、全く穴が開かないぞ・・。ビットは高速で回転しているが板の表面がへこむ程度。ひょっとしてこのランプはステンレス製??ステンレスは熱で硬化するためドリルでは穴があけにくいのは大学で習った(一応機械科出身)。しかし、こんな安いランプにステンレスなんて使うわけないしな・・どう見てもスチールなんだが。
1つ目の穴を10分くらいかけて気合で開けてみせた。いやぁ、あと2箇所開けるのは気が遠くなる作業だ。その前にドリルのビットが逝ってしまいそう。

・・で、しばらくして気づいた。ドリルの回転方向がリバースになってた(泣)借り物はこれだから・・まったく。回転方向を戻したらものの5秒で作業終了。つーかよく逆回転で穴が開いたな・・。リーマで穴の大きさを整え部品を装着。



トグルスイッチ


ACアダプタジャック


電池ボックス

電池ボックスは両面テープで固定。仕上がり良好!
このLEDキャンドルキットはLEDを3本束ねてあるため直視してしまうとリアルさにかけてしまう。すりガラスとかトレーシングペーパーで囲ってうまいことぼやけさせればリアルになる。ただガラスの透明感は欲しいと思いとりあえずティッシュペーパーを巻いておきた。



点灯してみた

なかなかいい感じじゃないですか。ティッシュで巻いてあるのでキャンドルというよりは炭火っぽい。ランプのガラスをすりガラスにすれば本当にロウソクが揺らいでいるように見えそうだ。ちなみに点灯モードは4種類あって基板上の可変抵抗で揺らぎの周期を変えることができる。色々気に入るモードを探してみよう。
寝室で使いたいので2時間程度のスリープタイマー回路も追加したいのだがアナログ回路で作るとなるとLM555を何段かかましてとか結構大変そうなので今回は断念。sanokiyaさんからスリープ回路付きの基板販売してくれないかな〜。ACアダプタ+電源タイマーで毎晩点灯中。

 
 
 
 

エマジン「おもいやり」

  1. 23:08:00
ズルズル・・。

子供が鼻をたらしている。夜もフガフガ辛そうだ。と思っていたところ、職場の先輩が電動鼻吸い器を買った話をしていた。それなりに値段はするが電動は素晴らしいとのこと。大人も使えるしお勧めであると。家に帰って調べてみたら2万円強とそこそこのお値段である。

口で吸うタイプやスポイト式の鼻吸い器は持っているがちゃんと吸えたことはない。毎度毎度耳鼻科に通って吸ってもらうのも大変だしな。2万円を高いと見るか、安いと見るか・・。通販サイトでレビューなどを見ながら悩むこと数週間。

ポチッ。


エマジン「おもいやり」、楽天で22800円


思ったよりも医療機器っぽく物々しい。持ち上げてみると見かけとは異なりプラスチッキーな軽さ。大きなタンクの空気を抜くことでシリコンチューブから空気を吸いとる仕組みになっている。作動音はポンプにしては小さいと思う。サイトでは静音設計なので横で寝ている子供を起こしませんだそうだ。音は小さいが幼い子は泣くためやっぱ起こしてしまうのは仕方ないか。子供が寝ていない別の部屋で使いましょう。吸引力は強と弱が切り換え可能。4ヶ月の下の子で試してみた。




おぉ吸ってる吸ってる。手動の鼻吸い器ではありえない吸引力。さすがに体が小さいので詰まっている量自体はそれほど多くないが確かにチューブに鼻水が吸われていくのがわかる。でもさすがに泣いた(笑)あまりやる過ぎると子供に負担が大きいので程々に。確かにズルズル言わなくなった。おっぱい飲む前とか風呂上りに使えるな。

自分もやりたくてしょうがない上の子は自分で。



今日は詰まっていなかったみたいで特に成果なし。でも満足そう。

ノズル部分(オリーブ管と呼んでいる)は2種類付いてきた。普通のよく見るやつと細いタイプ。粘度の高い鼻水は細い管でピンポイントで吸えばいいらしいがまだ使っていない。暴れると鼻の奥に突っ込んでしまいそうで怖いな。使用後は水を吸ったあとタンクとチューブを水洗いすればよい。たまには消毒もしたほうがよさそうだが毎回はいいかな。

2万円を高いと考えるか、安いと考えるか。何年も使うならトータルで安いんじゃないかと思う。勢いで買ってしまったが結構必需品かもしれない。

よい買い物であった。

 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved