撮影日記

 
 

棚を作る

  1. 22:28:36
曲者侵入か!?

寝静まった夜中に洗面所から大きな音がした。恐る恐る見に行くと・・。



洗濯機上の突っ張り棚が崩壊していた。


賃貸マンションに暮らしていたときに壁に傷をつけずに収納力をアップするべく強力突っ張り棚を多用していたのだが、やはり作り付けの棚に比べれば強度は落ちる。これで2回目。今は自分の家なので壁に穴を開けようと釘を打とうと自由である。この際だから棚を作ってしまおう。
設計図も作らず紙に簡単なイラストを書いて必要なものを書き出しホームセンターに材料を買いに行った。





棚板は白の化粧板で壁の寸法に合わせてカットする必要があるが店で切ってもらうと1カット50円かかる。一瞬自分で切ろうかとも思ったがこういうところでケチると何かといいことないので有料でやってもらった。作業時間数秒、苦労なく自分で切るよりはるかにきれいな直線が出ている。棚板を固定する角材と細釘、棚の下にパイプをつければ何かを吊るすことができるのでステンレスパイプとブラケットも買った。

まずは角材を壁に固定。おおよその高さを決めたら水平が出るように注意して釘を打っていく。専用の水準器を持っていないのでカメラ用の小型水準器で代用した。



固定するとこんな感じ。

後ほど説明する脱落防止のストッパーをつけるため一番奥までは取り付けない。





棚板に脱落防止のストッパーをつける。ストッパーといっても単なる木ねじであるが・・。





ブラケットとステンレスパイプを固定する。これで棚は完成なので取り付けてみる。




先ほどのストッパーはこんな感じになる。これがあるので棚板を引っ張っても脱落しないちょっとした工夫。




なんだか最初から付いてたみたいじゃないか!特に違和感なし。強度も突っ張り棚と比較にならないほど強い。




タオルとかそんな重いものは置かないのだが安定感があってよい。棚下のパイプには洗濯洗剤と風呂の水を汲み上げるポンプを吊り下げた。このままでもよいがカーテンのようなもので目隠ししたらすっきりするかな。

久しぶりの日曜大工、小一時間の簡単な作業であったが目的と必要性がはっきりしているので完成するととても充実感がある。

 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved