撮影日記

 
 

梅酒

  1. 23:42:08
6月に入ってからスーパーに青梅が並びはじめた。

実家では庭に植わっている梅の木から実を収穫してよく梅酒を作っていたが、なんだかんだで買ってきたほうが安かったりするため手を出していなかった。少しだけ生活に余裕ができてきてこだわりを求めたい今日この頃。自分で作るか。

せっかくやるのでちゃんと作ろうと思い泡盛で仕込むことにした。30度の泡盛じゃ度数が少ないので熟成させるために43度の泡盛を買った。度数が高いとそれなりのプレミア酒しかなく、行った店で最も安い久米島の久米仙43度古酒を購入。3000円以下探してみたが残念ながら3300円もした。普通に飲んでも旨いじゃないか・・ちょっと勿体無いが仕方ない。

梅酒の原料

役者は揃った!(梅もちゃんと和歌山産の南高梅)
梅の実は前日からへたを取ってアク抜きをして洗って乾かして・・一手間かかる。ここまできたらもうちょっと。


瓶につめたところ
泡盛投入

梅、氷砂糖を順に3層くらい並べて後は泡盛を入れるだけ。部屋中にアルコールのにおいが充満する。さぁ出来上がり!飲むぞ〜というわけにはいかない。久米仙をロックでグラス1杯だけいただき、あとは3ヶ月間じっくりと漬けておくとする。

<3日後>

熟成中

少し梅の色が変わってきたがまだまだ飲めるのは先。今年1月に仕込んだ泡盛甕の横に並べて置いておいた。楽しみだ。

 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved