撮影日記

 
 

エマジン「おもいやり」

  1. 23:08:00
ズルズル・・。

子供が鼻をたらしている。夜もフガフガ辛そうだ。と思っていたところ、職場の先輩が電動鼻吸い器を買った話をしていた。それなりに値段はするが電動は素晴らしいとのこと。大人も使えるしお勧めであると。家に帰って調べてみたら2万円強とそこそこのお値段である。

口で吸うタイプやスポイト式の鼻吸い器は持っているがちゃんと吸えたことはない。毎度毎度耳鼻科に通って吸ってもらうのも大変だしな。2万円を高いと見るか、安いと見るか・・。通販サイトでレビューなどを見ながら悩むこと数週間。

ポチッ。


エマジン「おもいやり」、楽天で22800円


思ったよりも医療機器っぽく物々しい。持ち上げてみると見かけとは異なりプラスチッキーな軽さ。大きなタンクの空気を抜くことでシリコンチューブから空気を吸いとる仕組みになっている。作動音はポンプにしては小さいと思う。サイトでは静音設計なので横で寝ている子供を起こしませんだそうだ。音は小さいが幼い子は泣くためやっぱ起こしてしまうのは仕方ないか。子供が寝ていない別の部屋で使いましょう。吸引力は強と弱が切り換え可能。4ヶ月の下の子で試してみた。




おぉ吸ってる吸ってる。手動の鼻吸い器ではありえない吸引力。さすがに体が小さいので詰まっている量自体はそれほど多くないが確かにチューブに鼻水が吸われていくのがわかる。でもさすがに泣いた(笑)あまりやる過ぎると子供に負担が大きいので程々に。確かにズルズル言わなくなった。おっぱい飲む前とか風呂上りに使えるな。

自分もやりたくてしょうがない上の子は自分で。



今日は詰まっていなかったみたいで特に成果なし。でも満足そう。

ノズル部分(オリーブ管と呼んでいる)は2種類付いてきた。普通のよく見るやつと細いタイプ。粘度の高い鼻水は細い管でピンポイントで吸えばいいらしいがまだ使っていない。暴れると鼻の奥に突っ込んでしまいそうで怖いな。使用後は水を吸ったあとタンクとチューブを水洗いすればよい。たまには消毒もしたほうがよさそうだが毎回はいいかな。

2万円を高いと考えるか、安いと考えるか。何年も使うならトータルで安いんじゃないかと思う。勢いで買ってしまったが結構必需品かもしれない。

よい買い物であった。

 
 
 
 

LEDキャンドル

  1. 23:17:19
お部屋のインテリアアイテム。

殺風景な寝室に何かインテリア的にワンポイント欲しいと前々から思っていた。ある日美容室でLEDキャンドルを使っているのを見てこれ使えそうだなと気づいた。
LEDキャンドルを探すべくネットで検索するとたくさん出てきた。そこで次の3つの条件で商品を絞り込んでみた。

 大きすぎないこと
 値段が高くないこと
 単3か単4の充電池が使えること

大きさや値段は条件に合致するものがたくさんあるが最後の条件である単3か単4の充電池が使えるものはそれほど多くない。小型キャンドルだとボタン電池使用のものが多くランニングコストがよろしくない。やはり気兼ねなく点けっ放しにするなら充電池のタイプがよい。でも内蔵の充電池だといつかはへたってしまうし・・(まぁ相当何度も充電しないと劣化しないだろうが)、といろいろ探した結果、無印のLEDキャンドルに行き着いた。店先では商品の入れ替えだったのか通常1800円するものが半額セールで900円になっていた。



無印のLEDキャンドル3本セット(1800円->900円)を購入



ロウソク色のLEDが瞬く


外装はパラフィンを使用しているためロウソクそのものである。本当に火をつけたら燃えるだろうな。1本のLEDをランダムに点滅させることで炎が揺らめいているように見せている。点滅させているだけなのに思ったよりリアルでムード満点である。取り扱い説明書に点滅は故障ではありませんと書かれている。そりゃそうだ・・。




裏返すとスライドスイッチと電池蓋がついており単4電池を2本縦に入れる構造になっている。




LED自体はパラフィンの中に埋まっておりロウソクの上半分がゆらゆら光る。寝る前に暗い部屋でキャンドルの光に包まれて癒しの時間を過ごすことができる。お手軽にアジアンリゾートな気分である(笑)

ただ、真っ暗闇で使用するにはひとつ問題があることがわかった。LEDの光は暗闇ではそれなりに明るい。揺らめいているように見えても所詮1つのLEDが擬似的に点滅しているだけなので、目を開けていると暗くなる瞬間に瞳孔が開く、そして明るくなると瞳孔が閉じる・・の繰り返し。薄暗い部屋だと問題ないが真っ暗闇で使用すると眼球に負担が大きく頭が圧迫されるような感じになる。

これでは癒しどころではないな・・。無印のLEDキャンドルは、これはこれで良しとしよう。しかし寝室で使えるもっといいものは無いだろうか。

癒しアイテム探しは続く・・。

 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved