撮影日記

 
 

三菱重工 ビーバー加湿器 SHE60GD

  1. 22:39:54
毎日乾燥注意報が発令される季節である。

除湿機に関しては、あの夏場のじめじめを取り除いてくれる便利なものとして理解していたが加湿器は今まで使ったことが無くその効果は良くわからなかった。去年、生後間もない子供のために嫁さんの実家から加湿器を借りてきた。
肌がしっとりするし朝起きたときにのどが痛いということも無い。なぜ今まで使わなかったのだろうか・・と思ってしまった。今年は買わないといけないな。
しかし、どれを買えばよいのだろうか?趣味のカメラ関係だったらスペックを見たら良し悪しがわかるのだが加湿器となると見当も付かない。そこで困ったときの価格コム口コミ掲示板。
色々あるけどどれがいいのだろう。デザインのかっこよいものは超音波式が多い。超音波式はその名の通り超音波で水を振動させて水を気化させる。蒸気が熱くならなくて何より静かである。ただし熱を加えないためタンクの水に雑菌が繁殖した場合部屋中にばら撒くことになる。昔ながらのスチーム式は直接水を熱して蒸発させる。やかんで水を沸かす要領である。蒸気が熱くなるため子供がいるとちょっと怖いが衛生面から言って安心である。ハイブリッド式というものもありフィルタにお湯を掛け、送風して気化させるもの。蒸気は熱くなりすぎず、加熱するため衛生面も安心。ただ若干値段が張る。
・・で、結局どれがいいだろう。よくわかんなくなったため口コミで一番人気なものを選んでみた。(←ネットの情報を鵜呑みにする人間)



三菱重工 ビーバー加湿器 SHE60GD


あきばお〜通販で11,810円。もう少し小型タイプのSHE35GDが人気であったがリビングで使うには少しパワーが足りないので1サイズ大きいものを選んだ。直方体ですっきりしたデザインである。こんなものが1万円ちょいで買えてしまうのか。




タンクを取り外すと筒状のヒーターが見える。フェルトの布が巻いてありした部分が水に浸かっている。水に浸かった部分から水を吸い上げ加熱するため沸騰音は聞こえない。また、必要な量だけ吸い上げるためタンク全体を熱することも無くすばやく蒸気が出てくる。




プラズマ発生器が付いているため雑菌とかが抑えられて良いらしい。大学時代に放電の研究してたから原理はわかるが具体的にどのように作用しているのかはわからない。言われてみればなんだか体に優しい気がする?科学的根拠の無いと言われているマイナスイオンとやらよりはいいか・・。




設定湿度より低い場合は赤表示、設定湿度に近づくと青表示になる。コンセントを差し込んだ状態の通電中は湿度を監視していて一定湿度以下になると電源OFFでも警告音が鳴る。




使用しているとヒーター部分に水道水のミネラル分が析出する。水分中のカルシウムとかだそうでスケールと呼んでいる。3回給水するごとにくらいに掃除すれば塩の結晶みたいなスケールが簡単に剥がれてくれるので掃除も楽である。放っておくと温泉の注ぎ口のように石化して取れなくなるので定期的に掃除が必要。いろんな方式の加湿器に比べると面倒であるがある意味不純物が取り除かれたクリーンな蒸気が拡散していると思えば納得がいく。

今まで朝起きると喉がカラカラという感じであったがこれがあればしっとり。送風機のファンの音はするが自分的には気にならない程度。寝室でこの音が気になるのなら多分寝られない原因は他にあるのでは・・と。(毎日疲れているのでぐっすり寝てしてしまう。)
最初はお任せモードで湿度70パーセント位いまで上げていたがここまで上げなくても問題ないようだ。エコモードがあり設定が50パーセント固定になるがこちらでも満足。寝るとき一旦湿度が上がってしまえば、エアコン切れた後は室温が下がるので湿度はほぼ保たれる。一度青表示になれば部屋の空気を入れ替えたりしない限り青表示のままである。だいたい寝る前に電源を切るか2時間タイマーで使用している。窓はそれなりに結露するが湿度が保たれている証拠である。6畳の寝室ではすぐに湿度が上がるが14畳程度のリビングだと若干パワー不足だった。隣のキッチンで煮炊きすればすぐに部屋の湿度は上がってしまうのでまぁ寝室専用ということで。
調理器具のホットプレートのような磁石式の電源コードになっていている。軽く引っ掛けただけで外れてしまうため、場所をちょっとずらしたりしたとき床においてあるものと接触して外れてしまったり、夜中寝室で軽く触れただけでも外れて電源が切れてしまうことがある。安全性は高いがもう少し磁石の吸着力を上げてくれてもいいのだが。

トータル考えて体調管理の面も含めて有用な買い物であった。

 
 
 
 

TOTO ワンダービート

  1. 23:08:14
あれ、これ家にあるじゃないか・・!?

先日、千葉県浦安市にある某有名遊戯施設(ネズミが出るところ)へ行きホテルに1泊した。高級ホテルだけあって部屋の施設もゴージャスである。特に風呂場のシャワーはミストになっていて気持ちよかった。柔らかい霧状のお湯が体を包んでくれる、これ家にも欲しいな・・。家帰ってから調べてみたらまぁ結構いい値段じゃないですか。
そりゃ買えない値段じゃないけど最近、若干の倹約思考で2000円超す出費には自分の中で待ったが掛かるようになった(飲み代は除く・・)。どうしようかな〜と悩みつつも他の商品を探していたら気になる商品が見つかった。ミストシャワーではない、むしろミストの真逆、超激水流のシャワーヘッド。これもそれなりの値段であったがそれを差し引いてもAmazonの口コミではかなりの高評価だった。いや、でもミストがいいしな〜迷うな。

週末洗面所を整理していたら収納の奥からシャワーヘッドが出てきた。確か今の家に引っ越したときに元から付いていたもの。引っ越してすぐに嫁さんが浄水機能のついたシャワーヘッドに取り替えたため使われずに眠っていたものである。しかしこのごつい形どこかで見たな・・もしや。



TOTO ワンダービート


ドラえもんの道具が登場するときの音楽が頭の中で響いた。まさしく求めていたそれであった。まさかこんなものが家にあるとは思わなかった・・。(プラスチック製品を使わず放置していたため黄ばみが付いてしまったのは残念)

で、早速使ってみました。(初め数回使ったはずだが全く記憶なし・・)




ヘッドを回すとスプレー(通常のシャワー)とマッサージが切り替えられる。抵抗無くスコンっと回る感じ。




スプレーはまぁ普通といえば普通だが、今まで使っていたものよりは柔らかい感じがする。




で売りのマッサージモードは・・、高圧洗浄器を思わせる凄い水流。




真ん中のノズルがクルクル回る仕組みになっており螺旋状の水流が発生する。1分間に1600回転、1秒当たり約27回転。肩や腰に当てるとダダダダ・・と刺激があり気持ちいい。疲れた体をマッサージしている気分になる。




指でノズルを押さえると力が釣り合うためノズルの回転が止まり、直線的でより激しい水流が出る(これが正しい使い方かどうかは知らないが)。トニックシャンプーで髪と頭皮を念入りに洗った後に激流で流してみた。ババババ・・、すごいぞこの水流!頭皮の汚れも毛根の汚れも根こそぎ落ちている感じがする。洗った後に頭皮を触るとキュッという感触。美容室のヘッドスパのようである。噴出し口からちょっと離れたほうが水流は強く感じる傾向がある。

敢えて欠点を言うならば水流が激しいため狭い浴室中に水が飛び散り壁が水浸しになってしまう。浴室を出るときに壁面を軽く拭うくらいした方がよいかもしれない。




これからは窓拭き用のワイパーを置いておくことにする・・。また、シャワーは30パーセント節水らしいが気持ちいいのでついつい使いすぎてしまう。水道代を考えるとほどほどにした方がよいかな。

棚からぼた餅ならぬシャワーヘッド。なかなかいいものが出てきたな。


その他レビューなど

 
 
 
 

LAMY safari(ラミー・サファリ)

  1. 01:00:01
ある日突然気になった。

職場で仕事を一緒にしている人たちの間でにわかに万年筆が流行っていた。自分自身万年筆には全く興味が無い。最近の日本製のボールペンは滑らかで書きやすい、しかも消せるものまで登場している。それに引き換え万年筆は紙の表面をガリガリ擦っているようで書きにくい。(という感想は自分が小さい頃に家にあった万年筆タイプの使い捨てペンが使いにくかったことに起因する。)男の道具・・なんて言っちゃって、あんなものは西洋かぶれしたカッコつけ人間が使うものなのだ・・と信じていた。

今から2ヶ月ほど前のある晩、妙な夢を見た。自分が夢の中で万年筆を使っている、すらすら書きやすい。何だか手にしっくりくる。実は万年筆はいいものなのかもしれない・・。次の日、夢のことなどすっかり忘れていたがデパートの文具店を通りがかったときふと万年筆が目に留まった。そういえば夢を見たような気が・・。試し書きして驚いた、万年筆、実はすごいいいんじゃないかと。その直後から欲しくてたまらなくなった。

しかし、いわゆる物書きの人が持っていそうなものは何万円もする。さすがにそこまでは出せないな・・。このとき職場の人が使っていた万年筆を思い出した。やたらとカラフルな、安っぽいやつだった、確か。LA???・・何て名前だったか?困ったときのgoogle先生、すぐに出てきた。LAMYか〜、せいぜい4000円なものだからこれなら買えそうだ。

前置きが長くなったが9月ごろ買って使用1ヶ月ほど経った。



ラミー サファリ スケルトン EF


Amazonで購入、本体2303円、インクボトル(ブルーブラック)982円、インクコンバーター595円。約4000円で自分の物欲が満たされるのはうれしい。しかし自分が万年筆の全くの初心者であることは間違いない。インクコンバーターってなんぞや?と思ってしまったが何事も形から入る自分はカートリッジを使わずフル装備でそろえた(笑)




分解するとこんな感じである。赤い部品が付いているのがインクコンバーターというもので、ボトルからインクを吸い上げるための道具でピストンが付いている。インクを吸い上げた状態でそのままカートリッジとして使用する。




写真左はピストンを下げきった状態、右は上げきった状態。少し見えにくいがピストンの位置が変わっているのがわかる。赤い部分をクルクルっと回すとピストンが上下する仕組みになっている。インクコンバーターの使い方は簡単。ペン先に装着した状態でそのままペン先をインクの中にドボッと浸ける。インクコンバーターのピストンが下げきった状態から赤い部分をゆっくり回しインクを吸い上げるだけ。




ペン先は金属部分が完全に見えなくなるくらい浸ける。真っ黒のインクにペン先を浸けるのに最初は抵抗があるが、思いきって浸けないと空気しか吸い込まれないのでインクをチャージすることはできない。




ラミー純正のインクボトルは吸い取り紙がセットになっているユニークな構造である。ミシン目で吸い取り紙をちぎってペン先をきれいに拭いてやれば完了。この吸い取り紙は優れもので、表面にインクを吸収する吸い取り紙、裏面は防水紙になっているため手が汚れないで済む。

実際に文字を書いてみると、紙質にも依るがとても滑らかな書き心地である。筆圧はゼロに近く、ボールペンと違いペン先の向きが一定方向でないと文字が書けないが慣れると問題ない。ペン先のEFとは極細字(ExtraFine)を意味しておりその他に、F(細字)、M(中字)、B(太字)、BB(極太字)が一般的である。ちなみに細さの規格は無いようで、ラミーのEFは極細というほど細くない。




どうしてもインクがペン先ににじみ出てしまうが使用上は全く問題なく、紙にインクがにじんだり垂れることも無い。ブルーブラックという色、万年筆独特の色で、黒でもなく青でもなく絶妙な色である。古来からブルーブラックには酸化鉄などの成分が含まれていて耐水性、耐退色性にも優れている。ラミーの純正インクの中ではボトルのブルーブラックのみこの成分が含まれており、同じ色でもカートリッジは単なる色水だそうだ。文字を書いた直後は青っぽい発色であるが時間が経つとだんだん黒味を帯びてくる。色の変化も楽しい。

万年筆といえば重くて重厚なイメージがあるためラミーの万年筆はカラフルで安っぽいイメージを受ける。ラミーサファリはドイツの子供用の学習用万年筆だそうである。そのためカジュアルで気軽に使いやすい雰囲気が出ているのだと思う。一見してボールペンっぽいがキャップを取ると万年筆というギャップも面白い。個人的には若干おしゃれな匂いがするスケルトンを選んでみた。内部が見えてデザイン的にも気に入っている。




スケルトンの欠点を1つ言うと、キャップ内部の傷が丸見えになってしまうことである。どうしてもキャップの抜き差しでペン先の金属が擦れてしまうため傷が付いてしまい透明がゆえにそれが外から見えてしまう。自分のように気にしなければ全く問題は無いが・・。それよりインクコンバーターの赤い色が外から見えるのがお洒落である。職場でも「このボールペンどうなってるの?」といったことを言われることがあるが、無言でキャップを外してみると意外そうな顔をして納得してもらえる(笑)

最近、仕事でもプライベートでもあまり文字を手書きする機会が減っている。しかしこの万年筆を買ってからメモなどは基本手書きするようになった。日常の当然の動作である文字を書くことが楽しみのひとつになった。

全く興味の無かった万年筆から一転、今や生活の中で欠かせないアイテムになりつつある。

 
 
 
 

ののじ 耳かき

  1. 20:03:12
これで2代目。

以前耳かきがにわかに流行った時期があった。従来の竹を削ったものから進化し、シリコンゴムでできたもの、ワイヤーでできたもの、ライトがついているもの。黒い綿棒も登場して世間を騒がせたのもその頃だろうか。
極めつけは小型カメラがついているものである。そりゃカメラ付きは惹かれたさ。普通は手探りの作業なのに、リアルタイムで獲物が映像として映し出される。ちょっとコツは要りそうだが、自分の耳の中を見てみるのは夢であった。しかしさすがに耳かきごときにウン万円は出せんよな・・。




5年ほど前に1代目を買ったのだが、昔から道具だけはケチるなという信念があっため、それなりのものを・・と選んだのがののじの耳かき。使い心地は素晴らしい。適度にしなるワイヤの曲線が外耳の縁にフィットする。ワイヤであるが故に力が入りすぎて外耳を傷つけることも無い。さすが、2000円だけの価値はある。やはり高いものにはそれなりの理由がある。
とてもいいものであるが、しかし5年も使っているとさすがに壊れてくる。まずワイヤと柄の付け根が一本折れた。テープで止めていたがもう片方が折れるのにそう時間は掛からなかった。2本あったワイヤのループは1本に。
それでも1年は使い続けた。1本だとふにゃふにゃでどうも力加減が難しいし、いつ折れるか心配である。

先日、店先で見かけてついに2本目を購入。



ののじ耳かき、LOFTで2100円で購入。




(左)壊れた1代目(右)2代目

新旧並べてみたが買ったときは確か同じ色だった・・。




時代は進化しワイヤは3本になっている。3本のワイヤが耳の中にフィットする適度な圧迫感と耳垢を掻き出している感が素晴らしい。1代目が折れた原因はワイヤ根元の金属疲労によるせん断だろう。この根元への負担を減らすためにシリコンのカバーが追加されているもの嬉しい。
まぁ用途が耳かきだけなんでこれ以上のコメントは難しいが(笑)
一度使ってみると病み付きになるかも。ちなみに取り説には「かきすぎは外耳炎の原因になりますのでご注意ください」と。買ったらひたすら使ってみたく気持ちはよくわかる。ご注意を。

 
 
 
 

Driveman720(ドライブマン720)

  1. 23:14:33
自己防衛をする時代である。

車は大変便利な文明の利器である反面、ちょっとしたことで大きな事故を起こすこともある。自分の起こした事故はとにかく、事故をもらうこともある。もらい事故なのに保険が全額下りずに相手と自分で8:2だったとかよく聞く話である。また、裁判沙汰になった場合、全く自分が悪くないのに主張が平行線をたどることもあるだろう。赤信号に突っ込んできた車の運転手が青信号だったと言い張るかもしれない。そう、証拠が無い・・、まさに痴漢の冤罪のようなものである。
こうなったら自分で自分の身を守るしかない。そこでドライブレコーダー!

ネットで調べたら色々なメーカーから特色のある商品が発売されている。外付けのメモリーカードに映像を記録するものが大半であるが、主にイベント検知型と常時録画型の2種類ある。(以下覚書)

<イベント検知型>
特徴:衝撃や急な加速度の変化を検知してその前後数十秒を記録する。
利点:メモリーカードの消費が少ないためいざというときカードがいっぱいで記録できないとか、記録が一回りして重要なシーンを上書きしてしまったといったトラブルは少ない。
欠点:感度の設定によっては頻繁に記録開始され煩わしく、逆に必要なときに検知されず重要なシーンを撮り逃す可能性がある。また、事故の衝撃で電源が落ちて直前のシーンを記録ができない場合もある?(この辺は各社何らかの工夫をしているはずだが・・)

<常時記録型>
特徴:車内の電源に連動してエンジンスタートからストップまで常に記録し続ける。
利点:ずっと撮り続けるため重要なシーンの撮り逃しがない。
欠点:カードの容量は有限のため重要なシーンの上書きなどの危険性がある。

こうやってまとめてみるとお互いに利点と欠点が入れ替わっていることに気づく。自分的にどちらかといえばカードの容量は気をつけていればいい話だがうまく検知できなくて記録されなかったリスクのほうが大きいと考えた。常時記録型にしてメモリーカードは最も大きいものを使用すれば欠点によるリスクは軽減されるだろう。証拠物件として価値をあげるのであれば画質が高いものが望ましい。
以上の検討結果よりアサヒリサーチの「ドライブマン720」を選択した。




Driveman720(ドライブマン720)


amazonで19800円。アクセサリ電源用とシガーライター電源用があったが自分で工事は難しいのでシガーライター電源用を購入した。一緒に32GBのSDHCカード(3770円)を購入。(一応class10のものを購入したがclass6でも大丈夫そうとどこかのレビューサイトに書いてあった)




ホルダはルームミラー後ろあたりのフロントガラスに強力両面テープで固定する。(ワイパーの範囲内にしないと雨の日に雨粒で前方が写らないので注意)


取り付けたところ





運転席からはルームミラーで見えないので気にならないし外からもあまり目立たない。取り外し可能でテープが強力なため着脱してもホルダがはがれることはない。電源コードは内装の境目に指で押し込んだら中に入ってくれたので目立たなかった。上下方向にしか回転しないので左右方向の位置をよく合わせてから固定しないと付け直しになる。(小さいが液晶パネルに映像が写るため貼る前に確認しながら調整する)10分くらいで装着完了。

実際に使ってみた。エンジン始動で自動的に「ピ!」音で録画開始、ドライバーが映像を凝視しないように開始1分で時計表示に切り替わる。ただし、ミラーの後ろに取り付けたので自分からは見えない。イベント検知型だと時折運転中に記録開始の「ピ!」音がして気になるという話を聞いたことがあるが常時記録型なので当然音はしない。




昼間の映像(クリックでオリジナル解像度に拡大)




トンネル内の映像(クリックでオリジナル解像度に拡大)


※動画を編集してアップする技術を持ち合わせていないのでPC画面上の映像をキャプチャしたもの。

出来上がった映像はかなり鮮明。自宅の42型テレビに映しても十分鑑賞できるほどである。レンズも広角なので視界はしっかりカバーできている。対向車のナンバープレートも読める解像度と謳っていたがこれはちょっときついかな・・(全く読めないわけでもないが判別はちと難しい)。光線の状態によってフロントガラスに反射したダッシュボードが写りこむこともあるので、ものを置いておくと写り込んでしまい目障りなこともある。動画と同時に音声も録音されるため車内のたわいも無い会話が記録されている。
バッテリ内蔵でないので1週間程度で時計のバックアップが消え時間がリセットされてしまう。これが唯一の欠点かな。運転終了後に毎回取り外して部屋に持ち帰っていて次回運転時に取り付けている。多少面倒だが慣れるとそれほど苦にもならない(内蔵コンデンサでバックアップを保持するため定期的に数秒間通電すれば問題ない)。
車のエンジンを掛けてすぐにエンジンを切るとちゃんとファイルができないため壊れた動画が作成される。通常の使用では問題にならないと思う。

GPS機能は付いていないため車速などの記録はない。このタイプのものだとGPSの精度も大して出ないだろうし、あまりの詳細データは場合によっては自分に不都合な記録にもなりかねないので無くてもよいと思った。
その他スペックの詳細はメーカーページを参照されたい。

http://www.driveman.jp/


意外にも旅行とか出掛けた後の映像を早送りで見ると車窓が全部写っているためそれなりに楽しめる。保険と同じで役立つ機会が来て欲しくはないが安心を買うという考えではよい買い物であった。


 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved